瀉血(しゃけつ)療法とは。東京でメディカルカッピングを行うクリニック

投稿日:2015年7月13日 更新日:

東京にある石原内科クリニックでメディカルカッピングを受けている写真

 

ここ数年、肌や身体の不調に悩んで数多くの治療にチャレンジした私。マニアックで書きにくいですが、知る人ぞ知る瀉血療法(メディカルカッピング)もやりました!それも10回以上!

瀉血(しゃけつ)は悪血?瘀血(おけつ)を抜く古代からある治療法。現代の日本ではカッピングして針を刺し、ドロドロした血や体液を抜くというやり方で病院でしかできません。

ちょっとグロテスクな治療画像があるので、血が苦手な方はスルーしてくださいね。

瀉血って何?どんな方法でどれくらい血を抜く?

瀉血はメディカルカッピングとも呼ばれている治療法です。

中世ヨーロッパや古代中国の時代から行われてきた歴史のある治療法なんだとか。日本でも蛭(ヒル)に吸わせる民間療法みたいなのがありますよね?アレも同じ考え方です。

現代の方法はガラス製のカップを背中などに押し当てて吸引し、瘀血と呼ばれる悪い血を皮膚表面に集め、細い針で1か所につき10回くらいチクチク刺針!その状態でまた吸引すると、カップの中に老廃物や二酸化炭素を含むドロドロした血液や体液が抜けるという仕組みなんです。

瀉血はアトピー性皮膚炎に効果が高いとのことで、たくさんの患者さんが来院しているそう。不妊や更年期障害、のぼせなんかにもいいそうですよ。

吸引するときに引っ張られるような圧迫感があって、それが痛みに似た感じで辛いときも何度かありましたが、針で刺す痛みはわずか。刺しているのもわからないときがあるくらいです。

そして 瘀血(おけつ)は多くても30㏄ しか出ません。献血よりはるかに少ない量です。

白金台にある石原内科クリニックの瀉血療法と値段について

瀉血(しゃけつ)療法 東京 石原内科クリニックでメディカルカッピングを受けている写真

 

実際に瀉血療法を受けて驚いたのですが、なんと、後頭部?うなじ?からも血を抜くんですよ!

写真を見てもわかるように、のぼせている人(私ですが 笑)はドクドクあふれるように出ます。猛烈な肩こりなので、肩の瀉血に関しては超気持ちいいし、ぜんぜん痛くありません。

脚は出にくいようで、初回はほぼ出血なし。背中は回数を重ねるごとに悪血が出るようになり、ドロドロだった血がサラサラになっていくんですよね。

ちなみに私は東京の石原内科クリニック(白金台駅から歩いてすぐ)でメディカルカッピングを受けました。

石原内科クリニックは石原先生も看護師さんたちも、本当にいい方で☆合計10回ほどお世話になりましたが、施術中も身体や体調をいろいろ聞いてくださるし、穏やかな雰囲気の病院なんですよ^^

価格?治療費?は税込で1回8,400円でした(健康保険は使えません、自費診療です)。

東京にはもう1件、瀉血で有名な美容クリニックがあって、そこは石原先生のお弟子さんとか。青山からだのクリニックという病院なのですが、こちらは1万5千円くらいします。高い!

なんと、機械と針を買って、自宅で(自分で)瀉血する方もいるんですよね~すごいなぁ。

メディカルカッピングで感じた効果と注意事項

気になる瀉血の効果は、まず睡眠の質がよくなることでしょうか?深く眠れる気がします。あとは直後の肌が白くなってリフトアップすることかな?

その他の効果は、実は感じられなかったんですよね・・・なので10回ほど受けたところで、今は休止しています。

もともとはホルモンバランスの悪さ、それから酒さという難治性の皮膚炎に悩んで瀉血をお願いしました。石原先生曰く「酒さもホルモンバランスも“のぼせ”が原因なので、瀉血で悪い血を抜いたり、就寝時にアイスノンで頭部を冷やすのも効果的」なんだそう。

ホルモンや酒さに関しては効果は不明でしたが、試してみてよかったとは思っています。何事もやってみないとわからないですからね^^

瀉血後の内出血は覚悟して!目立ちます

瀉血治療後はものすごい赤青い内出血です(笑)薄くなるのに5日、完全に消えるのに2週間近くかかります。

温泉や旅行に行く場合、そして夏など薄着の季節はやりにくいですね・・・薄手のストッキングだと透けて見えてしまうほど跡がしっかりつくので、私は冬~春にかけて施術を受けました。

そして、治療を受けるときは汚れてもいい格好で行ってください!洋服に血が付く場合があるので、気をつけてくださいね。黒い洋服がおすすめです。

雑誌ターザンにも瀉血が掲載されてました

TARZANターザンに掲載された瀉血に関する画像

 

そういえば、ターザン7/9号に瀉血が掲載されていました。それも“実は効かない!?世界の健康法”として紹介されてましたよ(笑)

『現代医療には使われるが、個人でやるのは危険。少量抜いても目的の物質だけ取り除くことは難しいため、デトックス効果なし』ですって。

感じ方は人それぞれ、実際に症状が軽くなって喜んでいる方もいます。瀉血療法を受けたいと考えている方は、ちゃんとしたクリニックでチャレンジしてくださいね。

瀉血は針をさすので日本ではお医者さましかできない治療になっています、要注意!カッピングは看護師さんがして、針を刺すのは先生でした。

東京はこうやっていくつかメディカルかッピングができる病院がありますよね。でも、その他は大阪のような大都市でさえ受けられる病院がないと聞きました。

カッピング(吸引)はあっても、針を刺して血を抜くというのはやってないんですって。地方でも瀉血が気軽に受けられるといいのに、と思います。

瀉血について私が気になったこと

気になったのが、瀉血(しゃけつ)と検索すると「自傷」というキーワードが頻繁に出てくること。

最初は意味がまったくわからなかったのですが、どうやら若い人たちが自傷行為で自ら血を抜いちゃうみたいなんです・・・あとはダイエット目的もあるみたいですね。

お母さんのような年齢になってきたので、事実を知って凍りついてしまって・・・ダメです、絶対にそれはダメ!本来の瀉血は多くても30ccしかとれません。大量に抜くべきものではないんです。

あとは、アトピーで自宅でカッピング+瀉血をしている動画もありました。耐え難い痒みがすぐ引くみたいです。コレはわかる・・・私も酒さ(しゅさ)という皮膚炎で猛烈な痒みに苦しんだので。

アトピーは糖質制限やファスティング、ビタミンDの摂取も効果的だと言われています。瀉血もいいですが、腸内環境や栄養状態も見直してみてくださいね。

このページにたどりついた若い皆さま、命に関わるような方法で瀉血はしないでね。どうかどうか、自分の体を大事にしてください。年を重ねたら、なぜあんなに辛かったのかな?って穏やかに思える日がきますから。

 

人気ランキング

低分子ヒアルロン酸ECM・E

『若い人方はご遠慮ください』と公式サイトに記載されている大人のための美肌サプリ。

通常は8日分ですが、キャンペーンで今だけ22日分11,307円⇒500円!

ヒアルロン美潤は、薬剤師さんがしぼみ肌に悩む奥さまのために作った低分子ヒアルロン酸配合のサプリです。

体質に合うかどうかを試してから現品を注文してほしいという気持ちから、500円という価格設定にしたのだとか。

スイス、イギリス、フランス、ドイツ、韓国、アメリカ、リヒテンシュタイン公国、台湾、そして日本、9つの国で特許を取得している私の大好きな成分です。

世界特許取得のビタミンC配合コスメ

私が定期購入している最先端のビタミンCコスメです。

定期購入初回は4,950円⇒1500円。定期便でも回数に縛りがないので、いつでも解約できます。

ビタブリッドCに高配合されているのは、アメリカ、EU、韓国、日本、オーストラリアなどで世界特許を取得し、国際的に安全性も確認されたビタミンC。

洗顔後にすぐ塗るタイプの美容液なので、手持ちの化粧品にプラスするだけでいつものスキンケアがバージョンアップしますよ。

-瀉血療法(瀉血) メディカルカッピング

Copyright© 読むアンチエイジング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.