【美魔女コンテスト2015裏話】初めての審査員特別賞は50代の倉重和枝さんが受賞!

投稿日:2015年9月28日 更新日:

美魔女コンテスト2015、今年はなんと初めての審査員特別賞が!

あるファイナリストがメッチャ神々しい美しさを放っていて、私も友人たちも彼女に釘付け。

それが55歳の倉重和枝さん!

会場にいた方たちがみんな同じ思いだったようで、会場の投票は彼女に集中。急きょ初の審査員特別賞が作られたんです。

bimajo3-5.jpg

もうね、一番最初の水着審査から輝いてて!

ご一緒した友人は、その時点で「彼女を応援したい」って言ってましたから。

・・・そういえば、いま思うと水着審査が一番観覧者が多かった気がするんですよね(笑)
だって写真に人影が写りまくってて、撮るのも大変だったもん。

※ 美魔女コンテスト2015を見てきた!グランプリは39歳ローフード美魔女☆小宮山順子さん

bimajo3-3.jpg

特技を披露する場では、得意の編み物早業を見せてくださいました。

それがホントに早くて(笑)

倉重和枝さんはプロフィールでご自分を『40代のころはどこにでもいるおばさんでした』と書いていて・・・主婦業をしっかりなさってきたんだなっていうのが伝わってきて、さらに好感度がUP☆

写真で首に巻いているのが、倉重和枝さんご自身が編んだマフラーです。

受賞したときは泣いていらして、何度も涙を拭っている姿が見えました。

姿勢やスタイルといい、清潔感のあるお肌といい、コレで55歳は見本にすべきではないかと。

会場の皆さまが倉重和枝さんのファンになったのは当然だと思うな。審査員特別賞の設置、素晴らしい配慮でした!

bimajo3-7.jpg

はい!この方が美ST編集長^^

去年も同じことをおっしゃっていたのが印象的だったのですが、審査は他の候補者が演技?アピール?しているときの表情や態度がすごく重要視されるんだなって。

今年のグランプリ小宮山順子さんも、昨年の準グランプリも“他の出演者を見る表情やコンテストを心から楽しんでいる様子を評価されていた”ので☆

そういうの、私も重要だと思います。

来年も観に行けたらいいな、今度はぜひ屋内にしてほしい(笑)

美魔女コンテスト

この記事のURLとタイトルをコピーする

Copyright© 読むエイジングケア , 2021 All Rights Reserved.