口コミと価格が反比例?ファンケル リンクルクリームは3,456円で買える乾燥小ジワ対策クリーム

投稿日:2019年2月20日 更新日:

シワ改善コスメを一巡しまして、去年の12月からファンケル リンクルクリームを愛用中です。

これね、3,456円(税込)で手ごろな価格なのに優秀なんですよ。

40代以上で、しっとりタイプが好きで、続けられる値段で買えるリンクルクリームを探している方」に超絶おすすめしたい!

30代までは「価格=効果」だと思って高額なアイクリームを買っていましたが、化粧品の進化ってスゴイですね・・・いまは安くていいものがちゃんとあるんです。

ファンケルは医薬品レベルのクリーンな環境で製造された無添加化粧品なので、原材料や品質にこだわる大人の女性にこそピッタリだと思います。

商品企画の方が「すぐにハリを実感できるクリームにこだわった」というだけあって、美容成分をギュッと凝縮した濃厚なアイクリームですよ。

ファンケル リンクルクリームを使ってみました

ファンケル リンクルクリームb

ファンケル リンクルクリームは12g入り

私のファンケル歴は20年で、初めて購入したのは25歳くらいのときでした。

ずっとコラーゲンドリンクを定期便で飲んでいましたし、結婚式ではファンケルのクッキーを参列者のお見送りで配った思い出があります。

ファンケルのショップスタッフさんたちが80個もラッピングしてくださって、いまでも感謝しています。

そんな感じで(?)長くファンケルの情報誌を読んでいる私の記憶では、たしかリンクルクリームは限定販売だったはず・・・

「使ってみたいな」と思っていたら、いつのまにか終了していて残念な思いをしたことがあるのですが、定番商品化していつでも買えるようになったんですね。

ファンケルは化粧品の製造年月日を明記

ファンケル リンクルクリーム

製造年月日が明記

リンクルクリームが手元に届き、まず目に飛び込んできたのは箱に記載された製造年月日でした。

ファンケルの化粧品は製造年月日が大きく記載されていて「フレッシュ期間は開封後60日以内、未開封の場合は1年」と明記されています。

一般的に「化粧品は未開封で3年、開封後は3~6か月以内に使い切りましょう」と言われていますが、その基準で考えると、ファンケルの設定は短めです。

理由は、ファンケルが防腐剤を使用しない無添加化粧品だから。

品質を維持した状態で使ってもらうため、フレッシュ期間を表示するようにしているそうです。

新鮮な状態で使えるオリジナル容器

ファンケル リンクルクリーム使い方

無添加化粧品だからこそ、ファンケルはボトルやチューブにもこだわっているようです。

工場で充填したあとは、お客さまが開封するまでいっさい空気に触れないオリジナルの容器を使用しているのだとか。

なにげないシンプルなチューブに見えますが、実は細部まで考えられているんですね。

ファンケル リンクルクリーム

リンクルクリームは、チューブとキャップの間に赤いリングがはさまっています。

この赤いリングは新鮮さを保つためのもの。使い始めにこのリングを外し、キャップをギュッと最後まで締めます。

ファンケル リンクルクリーム

チューブに穴が空いて開封

最後まで強くねじこむと、チューブの先に小さな穴が空いてクリームが出る仕組み。病院でもらう塗り薬の構造に似ていますね。

油は空気に触れると酸化して劣化するので、ここまで考えられた容器なら安心できます。

ファンケル リンクルクリームは濃厚なしっとりテクスチャー

ファンケル リンクルクリーム

アイクリームを使う場合に重要ポイントなのが、テクスチャーではないでしょうか?

それぞれ肌質や好みがありますし、季節によって選び方を変える方も多いと思うので、くわしくご紹介します。

かためだけど伸びのいいテクスチャー

ファンケル リンクルクリーム

ファンケル リンクルクリームはギュッと美容成分が濃縮されたような濃厚な使用感で、少量でも肌に溶けこむようにスーッと伸びます。

激寒+乾燥した季節でも満足できるしっとり感が特徴なので、サラッとした使い心地が好きな方だと重く感じるかもしれません。

テクスチャーはかためで、指にとるとピッと角が立つほど。

ベタつくわけではありませんが、リンクルクリームを塗ってすぐにメイクをする場合は気持ち少なめにするとよさそう。

目元のハリ感がわかりやすいので、顔全体に使いたいという衝動にかられるくらい・・・やってみようかな。

ちょうど2カ月で使い切れる量に設定

リンクルクリームはやや小ぶりなサイズで、1本12g入りです。

12gだと少なく感じるかもしれませんが、計算すると120回も使える量。実は、朝晩使って約2か月分にもなるんです。

1回の使用量の目安がパール粒1個分というアイクリームが多い中、ファンケルの使用量は0.8gで、小豆粒1個分ほど。意外と長もちするんですよ。

とはいえ、乾燥肌の私は人より多めに使うので、12月の終わりから使い始めて1カ月半でなくなりそう。使い方によるので、参考までに。

2か月分だと考えると、1カ月あたり1,728円。続けやすいと思いませんか?

ファンケル リンクルクリームの口コミ

ファンケル リンクルクリームはすでに口コミがたくさんあります。

リピート購入している方の口コミ、反対に「量が少ない」など残念な口コミもありました。

ファンケル リンクルクリームのいい口コミ

1ヶ月半位使用してから、目元の小ジワが少し薄くなってきた気がします。ベタつきもなく、とても使いやすいと思います。こんな商品を待ってましたって感じです!
70代の母が口元を気にしていたので、使ってみる?と渡したら、「あのしわのばし塗った瞬間から小じわが伸びたみたい」とすごく気に入っていました。追加で注文しました。
いつものように現状維持程度かな、と思って購入しましたが、今使って1週間、かなり変化を感じています。これまでもっと高価な物も使いましたが、一番実感しています。
限定発売でしか手に入らなかったリンクルクリーム。いつか定番商品にならないかなあーと思っていたので、いつでも購入できるようになり本当に嬉しいです。とろみのあるやや濃いめのクリームなのにベタッとせず、すぅーと馴染んで肌に溶け込んでいく感じで心地良いです。毎日使い続けて1ヶ月位経ちますが、気になる目元と口元の小じわがほとんど目立たなくなり、ピンッとハリも出てきた感じです。これからも使い続けたいです。
50半ば過ぎシワも程よくあり目の下など年齢による悩みが徐々に気になり始めました。使用して一本目が終わりますが、3分の2を過ぎた頃から小ジワが薄くなった様な気がします。2本目を購入しました。朝夕、せっせと塗っています。春が嬉しくなります。
毎年冬になると、唇とその周りがカサカサ・角質化・赤切れ状態になっていましたが、このリンクルクリームを使ったみたらその日から全く出なくなり、今までの中で一番効果がありました。もう冬には手放せません。

いい口コミを見ると、塗った瞬間にピンッとハリを実感する方が多いよう。続けやすい値段を評価している声も多かったです。

私が記事のタイトルを「口コミと価格が反比例」と書いたのは、コスパのよさを喜んでいる方、乾燥小じわへの効果を実感している方がとても多かったからです。

高価すぎると、いくらいいものでも継続使用できませんから。

ファンケル リンクルクリームの悪い口コミ

目の下のちりめんジワが気になっていてBCのアイケアでは改善が見られず、小ジワに特化したこちらならと思い購入。一本の半分ほど使用しましたが、目元がふっくらしたなどの実感は一切ありません。むしろ、目尻のシワが気になるようになり、目下もちりめんからくっきりした一本のシワが目立つようになりました。他のシワケアやBCよりは安いものの、決して安いとは言えない価格ですので、せめて現状維持はして欲しかった。
使いはじめて、3本目です。使い方がよくないのかなかなか実感が・・・
張り感 凄いですね!実感しました。ただ、この量で本当に121回使えますか?そこが残念ですね。もっと気持ち良く使える量がいいですね!

「この量で121回使えますか?」という声に私も同感(笑)

でも、箱に書かれている小豆粒 1個分で目元には充分のびるんですよね。

どうしても即効性を求めてしまいますが、いちばん大切なのは続けること。

シワ対策は日々のスキンケアと紫外線予防をコツコツ続けることが最適解なので、あきらめずにケアしていきましょう。

ファンケル リンクルクリームは効能評価試験済み

ファンケルリンクルクリームの効能

ファンケル リンクルクリームは「化粧品機能評価法ガイドライン」に基づく効能評価試験をクリアしたクリームです。

外箱を見ると「乾燥による小ジワを目立たなくし、ピンとしたハリのある肌に整えるクリーム」と記載があります。

いま人気のシワ改善クリームのような厚労省の認可はないものの、「3,456円でこの実力なら文句のつけようがないなぁ」と思いました。

ファンケル リンクルクリームをおすすめしたい人

  • 人気のシワ改善コスメは高くて続けられない
  • 続けられる価格のリンクルクリームがほしい
  • しっとり感はほしいけど、ベタベタがキライ
  • 安心できる会社の化粧品を使いたい
  • 効能評価試験済みのクリームを使いたい

デメリットとして考えられるのは、内容量が一般的なリンクルクリームに比べて少なめなことです。

ただし、1回量が少なくてすむこと、新鮮な状態で2か月以内に使い切れるようになっていることを考えると、むしろメリットかもしれませんね。

ファンケルの研究がおもしろい

ファンケルは学会やIFSCC(化粧品の国際オリンピックのようなもの)で成分や独自の技術、皮膚に関する新しい知見を頻繁に発表しています。

リンクルクリームを使ってみようと思ったのは、シワやたるみのメカニズムに関するファンケルの発表が興味深かったから。

「コラーゲンの新知見」もワクワクする内容でしたし、さいきんでは「シミの原因になるタンパク質と抑制成分」の発表も興味津々で読みました。

この技術と成分がどんな化粧品(とサプリ)に反映されるのかな?と思いながらチェックするのが大好きなんです。

悩ましい年齢だからこそ、いいものを見極めて使っていきたいです。

国内ブランド

ブログ運営12年間の人気ランキング

私が美容ブログを書き始めたのは2006年9月です。12年を超えるブログ歴の中で、読者さまに反響があった美容アイテムをランキング形式でご紹介します。

1位・2位は不動の人気で、いまではなかなか見かけなくなった「お得なお試しセット」です。

100円で試せる低分子ヒアルロン酸

『若い方はご遠慮ください』と公式サイトに記載されている、大人のための美肌サプリ。

元祖美魔女 水谷雅子さんの新刊(2018年11月発売)に掲載された、40代以降の肌にこそふさわしいヒアルロン酸です。

「63歳なのに40代前半に間違われた」「20歳以上若く見られた」というお客様からの嬉しい報告が多いそうです。

お試し価格は1日100名限定で、8日分500円⇒ 100円。美潤を飲んで12年、100円になったのは初めて。

定期便ではなく、お試しセットなので安心です。

ヒアルロン美潤は、薬剤師さんがしぼみ肌に悩む奥さまのために作った低分子ヒアルロン酸配合のサプリです。

「体質に合うかどうか試してから現品を注文してほしい」という気持ちから、500円 100円という価格設定にしたのだとか。

スイス、イギリス、フランス、ドイツ、韓国、アメリカ、リヒテンシュタイン公国、台湾、そして日本、9つの国で特許を取得している私の大好きな成分です。

唯一、私の肝斑に効果があった美白コスメ

紫外線が弱い秋冬こそ美白に最適な季節です。ドクターズコスメであるアンプルールは、長年悩んでいた私の肝斑を〇〇してくれた美白コスメです。

お試しセットは6,500円相当⇒ 1,890円で、なんと4,610円引き。美白美容液が2種類も入っているのでお得です。

アンプルールの大きな特長は、医療機関が扱う美白成分ハイドロキノンを安定化させて配合したこと。

ドクターズコスメは効果は高くても使用感が悪いものが多いのですが、香り、テクスチャー、仕上がりまで大人の女性好みに仕上げられているのが大好きなんです。

最近はトライアルセットを用意している化粧品会社がとても少ないので、とても貴重です。

世界特許取得のビタミンC配合コスメ

私が定期購入している最先端のビタミンCコスメです。

定期購入初回は4,950円⇒1500円。定期便でも回数に縛りがないので、いつでも解約できます。

ビタブリッドCに高配合されているのは、アメリカ、EU、韓国、日本、オーストラリアなどで世界特許を取得し、国際的に安全性も確認されたビタミンC。

洗顔後にすぐ塗るタイプの美容液なので、手持ちの化粧品にプラスするだけでいつものスキンケアがバージョンアップしますよ。

この記事のURLとタイトルをコピーする

Copyright© 読むエイジングケア , 2019 All Rights Reserved.