フローフシがリニューアルを発表|新ブランドと新商品のリキッドアイライナーについてわかっていること

投稿日:2019年1月3日 更新日:

フローフシ公式サイトのキャプチャ

ブランド終了を発表したフローフシからアイライナーが登場

お正月早々、おもしろい情報が入ってきました。

去年秋にブランド終了を告知していたフローフシが、1月にアメリカでリキッドアイライナーを展開するんですって。

フローフシはモテライナーやモテマスカラが有名ですが、私のまわりでは特にLIP38℃リップトリートメントが大人気。

「いや、もうモテなくていいのよね」という40代、50代にも愛用者が多く、販売終了を知って買いだめする人が続出しましたよね。

でも「実はブランド終了じゃなくてリニューアルなんじゃないの?」というウワサがあったのをご存知でしょうか?

リニューアルなのか再始動なのか微妙ですが、日本では3月14日に発売されます。

新生フローフシ ニューヨークでゲリラサンプリング

動画は手から手にアイライナーを受け渡すイメージ映像。これって、継承とか、新生をイメージさせますよね。

新生フローフシについて、いまわかっていることをまとめてみました。

  1. フローフシの新ブランドはアイライナーからスタート
  2. 1月にNYでゲリラサンプリングを開始
  3. ブランド名は出さず、中身だけで判断してもらう
  4. 評価がよければアメリカで発売、悪ければ撤退
  5. 日本では3月14日に発売開始

~フローフシ公式発表より

ニュースリリースを読むと、ティーザーキャンペーンという手法で新ブランド名や価格は出さず、リキッドアイライナーの商品力(中身)だけで勝負するとのこと。

それもアメリカ ニューヨークでチャレンジするというから、なんともチャレンジャーです。

「Unframe The Beauty」に込められた意味

キャンペーン名である「Unframe The Beauty」にも特別な意味が込められています。

「Unframe」はこれまでもフローフシが使ってきた言葉で、枠や形、正解、常識、価値観、年齢、限界を超えていくという意味。

情報をいっさい与えない「Unframe」な状態で、ニューヨークのサンプリングでこのアイライナーが

  • 好き(KEEP)か
  • 嫌い(DROP)か

をシンプルに判断してもらい、KEEPであれば新ブランドをアメリカで展開し、DROPの場合は発売しない方針なのだそう。

アメリカでの挑戦は今月スタート!リキッドアイライナーがどう評価されるか、興味津々です。

ところでティーザーキャンペーンってなに?

実は私、不勉強で「ティーザー」の意味がわからなかったので、調べてみました。

ローンチとか、ティーザーとか、さいきん横文字が多くてついていけません(笑)

ティーザー広告とは、広義では、ある要素を顧客に明らかにしないことによって注意をひこうとする商業広告の一手法で、狭義では「本来、広告で伝えるべき商品についての要素のいくつかを意図して明らかにせず注目を集める広告手法」と定義。英語のteaser(じらす人)から命名されている。覆面広告とも言う。

~Wikipediaより

なるほど、覆面広告でニューヨークでゲリラ的にサンプリングし、評価を仰ぐということなんですね~。

インスタグラマーや美容ジャーナリスト、雑誌などの力を使わずに、シンプルに中身勝負。こういうチャレンジは嫌いじゃないです。

フローフシの新ブランド 日本では3月に発売

フローフシの新ブランドは「評価が悪ければアメリカでの販売は見合わせるけれど、日本では3月14日に発売」されます。

まずはリキッドアイライナーからスタートし、順次、ほかの新商品が発売されるとのこと。あと2か月、楽しみに待ちましょう♪

3月の新商品の発売までは、既存のモテライナーが買えるとのこと。愛用者はひと安心ですね。

フローフシのリニューアルはウワサされていました

「ブランド廃止と言ってるけど、実はリニューアルでしょ?」

実はフローフシのリニューアルは、以前からウワサになっていました。

「終売なんて潔い決定だな」と思っていたのですが、やっぱり商品を変えて再始動ということになりましたね。

リニューアルを知ったユーザーたちの口コミ

愛用者だからこそのツイート・・・なんだかすごく気持ちが伝わってきますね。

フローフシは少数精鋭で運営する会社

View this post on Instagram

 

. 『KEEP OR DROP』@NewYork . 幸せにも日本の多くの皆さんに 愛されて育った1つのプロダクトが 今、世界へと旅立ちます。 . . 僕たちがはじめに選んだ街は、 New York。 はじめに選んだプロダクトは、 Liquid Eyeliner。 . . 2019年1月から、 New Yorkでゲリラサンプリングがはじまります。 . この1本のEyelinerは、 ブランドも、価格も、どこで買えるかもわかりません。 そして、有名人やInfluencerのお墨付きもありません。 . このプロダクトがUSで発売されるか否かは、 これから決まります。 手にした人がこの1本を、 KEEPするか、DROPするか。 「好きか否か」というUnframeなジャッジで。 . 皆さんが支持してくれたからこそ、 勇気と自信を持ってできる挑戦。 「UNFRAME THE BEAUTY」のUZUを 世界中に広げるという、 新しいミッションのはじまりです。 . 楽しみに見ていてください。 . . BE THE ONE UNFRAME THE BEAUTY . 2019.03.14 新ブランド発売 . . . ※DROPの場合は、アメリカでの発売は中止となりますが、日本では、KEEP OR DROPの結果に関わらず3月14日に発売します。また新ブランドの発売までは、既存品の #flowfushi モテライナーの店頭での展開を継続しますので、今まで通り購入することが可能です。 新リキッドアイライナーのローンチ後は、順次、各プロダクトカテゴリ毎にローンチをし、新製品も随時、投入していく予定です。 . #UnframeTheBeauty #Keep / #Drop . https://unframe.team/

UnframeTheBeautyさん(@unframethebeauty_jp)がシェアした投稿 -


去年だったと思うのですが、どこかのインタビューで「フローフシはたった5人ほどで運営している会社」だと知って驚いたのを覚えています。

創始者は化粧品の知識はなかったものの、世の中にないオリジナルを作りたいと考えてフローフシを立ち上げたのだそうです。

狙いどおり、年齢層に関係なく愛用者される化粧品に育て上げたにもかかわらず、人気絶頂でブランド終了、そして再出発。

少数精鋭だからこそ、斬新な商品企画やブランドの方針転換にも柔軟に対応できるのかもしれませんね。

Instagramに書かれている「UZU」が「渦」ではなく英文字なのが気になるところ。新ブランド名だったりして。←たいてい私の予想は当たらない

アメリカでもきっと成功するはず。日本で発売されたら試してみなくちゃ、です。

エイジングケアニュース

ブログ運営12年間の人気ランキング

私が美容ブログを書き始めたのは2006年9月です。12年を超えるブログ歴の中で、読者さまに反響があった美容アイテムをランキング形式でご紹介します。

1位・2位は不動の人気で、いまではなかなか見かけなくなった「お得なお試しセット」です。

100円で試せる低分子ヒアルロン酸

『若い方はご遠慮ください』と公式サイトに記載されている、大人のための美肌サプリ。

元祖美魔女 水谷雅子さんの新刊(2018年11月発売)に掲載された、40代以降の肌にこそふさわしいヒアルロン酸です。

「63歳なのに40代前半に間違われた」「20歳以上若く見られた」というお客様からの嬉しい報告が多いそうです。

お試し価格は1日100名限定で、8日分500円⇒ 100円。美潤を飲んで12年、100円になったのは初めて。

定期便ではなく、お試しセットなので安心です。

ヒアルロン美潤は、薬剤師さんがしぼみ肌に悩む奥さまのために作った低分子ヒアルロン酸配合のサプリです。

「体質に合うかどうか試してから現品を注文してほしい」という気持ちから、500円 100円という価格設定にしたのだとか。

スイス、イギリス、フランス、ドイツ、韓国、アメリカ、リヒテンシュタイン公国、台湾、そして日本、9つの国で特許を取得している私の大好きな成分です。

唯一、私の肝斑に効果があった美白コスメ

紫外線が弱い秋冬こそ美白に最適な季節です。ドクターズコスメであるアンプルールは、長年悩んでいた私の肝斑を〇〇してくれた美白コスメです。

お試しセットは6,500円相当⇒ 1,890円で、なんと4,610円引き。美白美容液が2種類も入っているのでお得です。

アンプルールの大きな特長は、医療機関が扱う美白成分ハイドロキノンを安定化させて配合したこと。

ドクターズコスメは効果は高くても使用感が悪いものが多いのですが、香り、テクスチャー、仕上がりまで大人の女性好みに仕上げられているのが大好きなんです。

最近はトライアルセットを用意している化粧品会社がとても少ないので、とても貴重です。

世界特許取得のビタミンC配合コスメ

私が定期購入している最先端のビタミンCコスメです。

定期購入初回は4,950円⇒1500円。定期便でも回数に縛りがないので、いつでも解約できます。

ビタブリッドCに高配合されているのは、アメリカ、EU、韓国、日本、オーストラリアなどで世界特許を取得し、国際的に安全性も確認されたビタミンC。

洗顔後にすぐ塗るタイプの美容液なので、手持ちの化粧品にプラスするだけでいつものスキンケアがバージョンアップしますよ。

Copyright© 読むエイジングケア , 2019 All Rights Reserved.